ビブラを使ってのCRF豊胸!

THE CLINICの西川です。

脂肪注入によるCRF豊胸をするにしても、皮膚の伸びが悪いと脂肪が入るスペースがあまりありません。そして、脂肪を入れた後の定着もあまり良くはないのです。

そこで、授乳歴がないなど皮膚の伸びが悪い方や、よりバストのサイズアップを希望される方には、ビブラという乳房拡張器を術前後に装着していただきます。

術前に使用することにより、皮膚が伸びて脂肪が入るスペースを作ることになります。

また術後にも使用することにより、注入した脂肪に行き渡る血流が良くなるので、脂肪の定着率はアップします。

こちらは20代の方。

授乳歴がなく皮膚の伸びが悪いため、ビブラを術前後三週間装着していただきました。

術前

術後

術前

術後

 

このように、ビブラ使用でより脂肪が入るスペースができ、また脂肪の定着がより良くなり、バストのサイズアップができました。

 

ビブラが必要かどうかは、バストの皮膚の伸び具合やどのくらいのサイズアップをご希望か、などで判断させていただきます。