シリコンバッグを抜去して、自然なバストへ!

THE CLINICの西川です。

シリコンバッグが入っているバストの形って、とにかく不自然になりがちです。

こちらは、30代の方。

授乳後にバストが削げて、約3年前に他院でシリコンバッグを挿入しました。最近、バストの形がより丸くなって嫌になったため、今回バッグの抜去と脂肪によるCRF豊胸を行いました。

術前

術後

 

術前

術後

この様に、バッグによる豊胸と脂肪注入による豊胸を比べると、バストの形の自然さが全然違いますね!

バッグ豊胸は確かにカップのサイズアップはできるかもしれませんが、デコルテのボリュームが出せなかったり、入れ替えの必要があったり、硬くなってきたり、破損の可能性もあったり、何と言っても乳ガン検診を受けられない、といったデメリットがあります。

一方、脂肪注入豊胸は、自然なデコルテからのボリュームが出せるし、一旦脂肪が定着してしまえば半永久的にボリュームは残るし、硬くならないし、乳ガン検診も安心して受けることはできます。但し、硬さに関しては、脂肪の入れ方が雑だと出得るので、当クリニックではそういったことがないように、脂肪注入の際に丁寧に注入していきます。

 

豊胸をお考えの方、是非脂肪注入によるCRF豊胸をご検討いただきたいです!